46歳女 中年でバスケットボールを体験してスポーツが好きにな

40代の2人の子どもを持つ主婦です。
私の人生にスポーツというものはどちらかというと無縁でした。できる、できないではなく興味がありませんでした。
子どもは、昔から外遊びが好きで、幼少の育児から大変でしたが、中学の部活でどっぷりはまり、バスケットボールのクラブチームに入るまでに至りました。
そうなると、保護者の支援も必要になります。
家でのトレーニングや、重なる練習、合宿、試合と全てが初めての体験でした。
自分が身体を動かすという事は考えず、あくまでもサポートと思っていましたが、最近は子どものトレーニングに付き合うだけでは、小学生と違い自分に出来ることが少ないので、一緒にトレーニングをするようになりました。
初めてのバスケットボール練習のしんどさに驚きました。
簡単にではないのでしょうが、それなりにこなしている子どものプレーに感心しました。
身体の衰えもありますが、ランニングも筋トレもボールの付き方も私では、話になりません。
でも、自分で決めた幾つかのプレーはできるようになる、と期間と技の目標を決めて、一緒にトレーニングをしました。
初めは笑っていた子どもも、私ができるように一生懸命アドバイスをしてくれるようになりました。
子どものトレーニングの邪魔になっていないか心配でしたが、子どもは、大丈夫、楽しいよ、と言ってくれます。
出来ない事を、何度も挑戦していると、心が折れそうになります。それに、大会に出る、という目標もありません。
どんな風に自分のメンタルを保てはいいのか不安になります。でも、子どもと一緒にしていると、子どももそんな風に考えてトレーニングに取り組んでいるのかな?なんて思う事もあります。たまたま、バスケをしている子どもの友達のママが、昔、バスケをしていたので、1対1のミニ試合形式を組んでみようと言われ、初めてのバスケットボールの試合みたいなものをしてみました。二人とも、あまり格好のいいプレーではなかったのだと思いますが、子ども達の声援を背景に、私はとても感動しました。子どもがのめり込む気持ちも分かった気もします。試合は10分でしたが、身体は引きつっていましたが、気持ちが良かったです。子ども達も、その後、もっと頑張る、と言ってくれ、無様な姿を見せたかもしれませんが、良かったな、と思いました。
私の中で、スポーツとは縁遠いものでしたが、それから色んなスポーツに興味が湧き、感動するようになりました。スポーツをする方にはならないかもしれないですが、スポーツを楽しめる人生になったと思います。