26歳女 フルマラソンに挑戦で自信と感謝の心をGET

はじめまして。北海道に在住しております、26歳の主婦です。
私が人生が変わった体験は、フルマラソンへの挑戦です。
社会人1年生の時、自由に使える時間が思っていたよりも多く、何か趣味を持ちたいと考えました。
元々中学の時に陸上部だったこともあり、私はランニングを始めることにしました。
初めのうちは、5キロ走るのがやっとだったのですが、だんだんと走れる距離も伸び、スピードも速くなってきました。そうすると、自分の走力を試したいと思うようになり、大会に出場するようになりました。
10キロのレースから始めて、次にハーフマラソンと距離を伸ばしていきました。いつも1人で走っていたので、大会では多くのランナーと一緒に走ることができてとても楽しかったです。なにより、走った結果が、順位やタイムになることにとても達成感を感じていました。
そして、ついにフルマラソンに挑戦することにしました。初めて出場したのは横浜マラソンでした。
フルマラソンに挑戦するにあたって、1人でインターバル練習や30キロ走などの練習を積んできました。しかし、やはり42.195キロは未知の世界で、走り切れるのだろうかという不安が大きかったです。
そしていざスタートすると、まず沿道の応援に驚かされました。今ままでの大会とは比べ物にならないほどの人が沿道には集まっていました。そして、「がんばれ!」とたくさんの応援をしてもらいました。その応援は私にとってとても力になりました。後半になると、足が棒のようになり、今すぐやめてしまいたい・・・!と思うくらい辛いのですが、沿道の応援を聞くともうひと頑張りできるのです。本当に不思議です。
そしてなんとか無事にゴールをすると、今まで感じたことのない達成感に包まれました!
私がはフルマラソンに挑戦し、自分にとても自信が持つことができました。同時に、自分の周りの人への感謝の気持ちに溢れました。マラソンと人生は同じだと感じたのです。1人ぼっちじゃきっと42キロなんて距離走り切れません。沿道の方の応援があったからこそ完走できました。人生も一緒で、自分の周りの人の応援があるからこそ成り立っているのです。私はそれを身をもって体験しました!
ランニングは1人で気軽に始められるスポーツだと思うので、ぜひ多くの人にいつかはフルマラソンに挑戦してもらいたいです。私は大きく人生観が変わりました!!!